閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【理想の国家像】野田総務相「安倍首相が掲げる伝統文化に根ざした国ではな…
  2. 【研究】飲むだけで差別主義者が更生する「道徳ピル」 ★3
  3. 【地球環境保護】東京五輪終わっても「サマータイム」恒久的運用へ 議員立…
  4. 【法制】カトリック教会、今後、死刑を一切認めない立場に方針変更 ローマ…
  5. 【山梨】ブラジル人男性(42)、45メートルの鉄塔の30メートル付近ま…
  6. 【サウジアラビア】カナダ大使を国外退去に
  7. おまわりさん、少女たちに股間の短筒見せ逮捕・札幌
  8. 【大塚家具】ヨドバシカメラ 藤沢社長「(大塚家具に出資するのか?)別に…
  9. 【航空】MRJ、納入ゼロのまま撤退説も…受注ゼロ、大量キャンセル、債務…
  10. 【ラオスのダム決壊】決壊ダムは最古の工法だった… ラオス激怒、SK建設…
閉じる

まとめ君

【企業】東芝「債務超過」へのカウントダウン〜残された時間はたった1ヵ月 社長会見で露呈した「変わらぬ危うさ」

かんぱに☆ガールズ オンラインゲーム

1 :砂漠のマスカレード ★:2017/01/31(火) 11:29:13.41 ID:CAP_USER9.net
最低最悪の記者会見

「さらなる成長、ひいては東芝グループの企業価値の最大化を実現するため、3月31日をめどにメモリー事業の分社化を実現することを、本日の取締役会で決定いたしました」――。

東芝の綱川智社長は先週末(1月27日)の緊急記者会見で、こう述べて、投資家や取引先の金融機関を唖然とさせた。というのは、東芝の経営のどこにも成長を語る余裕など無かったからである。

同社にあったのは、またしてもメディア主導で明らかになった経営破たんの「危機」だけだった。
そもそも緊急記者会見も、これ以上信用が毀損するのを放置できなくなって、公の場で釈明する必要に迫られて、遅まきながら渋々開いたものに過ぎなかった。

それにもかかわらず、綱川社長が説明した打開策は、机上のプランとしても生煮えの段階にあり、当事者能力の欠如が歴然としていた。

本来ならば、この緊急記者会見は、メディアに巨額の損失発生をすっぱ抜かれる1ヵ月前に、実態と対応を説明するために開くべきだった。
それを頑なに拒んで1ヵ月も経ったのだから、ステークホルダーからすれば、綱川社長が破たん回避のメドが付いたと報告することを期待していたはずだ。

万が一、出資のスポンサーが確保できていなければ、せめて「生き残るためには何でもやる。
虎の子の半導体部門の切り売りも辞さないから、今しばらくの時間的な猶予を与えてほしい」といった調子で、背水の陣を敷く覚悟を明確にしてほしかっただろう。

ところが、綱川社長は、こうした期待をことごとく裏切った。

そもそも情報開示の遅れに関する反省・謝罪の弁がひと言もないばかりか、この期に及んでまだ、事態の深刻さを自覚していないのではないかと危惧させる言葉を発してしまった。

破たんに瀕した企業の記者会見のケースで最低最悪のサンプルとして長く記憶されることになっても、まったく不思議ではない内容だったのである。

経営破たん回避のために残された時間は、3月下旬まで。東芝の命運は文字通り「風前の灯」となっている。

先週の本コラム(2017年1月24日付『それでも東芝が原子力部門を切れない「特別な事情」 背後に経産省とアメリカの影が見える』)でも書いたが、
東芝は過去のわずか2年あまりの間に、3度も経営破たんの危機に直面している。

最初は2015年5月、それ以前の粉飾決算の存在が判明、2ヵ月以上にわたって同年3月期決算を発表できないという前代未聞の事態に陥った。

歴代の3社長が同年7月に責任をとって辞任したものの、その2ヵ月後には2014年度第3四半期までの6年9ヵ月の間に、
税引き前利益で2248億円に及ぶ利益の水増しがあったとして、修正を行う事態になった。

次いで同年11月、それまで東芝が頑なに連結ベースでの減損処理を拒んできた米原子力事業子会社ウエスチングハウス(WH)に関し、
米監査法人に減損処理を迫られて2012、2013の2会計年度に合計1600億円の損失処理を実施した事実をひた隠しにしたことで、上場企業としてのアカウンタビリティ(説明責任)で大きな傷を負った。

負の遺産の整理をほぼ終えたとみられていた2016年3月期も、東芝は大幅な業績の下方修正とみせかけの利益確保に追われる惨憺たる決算を繰り返した。

その元凶は、またしてもWHを中心にした原子力事業で、減損処理の原資確保のため、
期末を待たずに稼ぎ頭だった東芝メディカルシステムズをキヤノンに売却。連結ベースの最終損益は巨額の赤字(マイナス4600億円)になった。

こうした経緯から明らかなように、東芝で経営危機が常態化した原因は、2006年10月に企業価値を上回る買収価格で高値掴みしたWHの買収失敗と、
WH社を含む原子力部門を取り巻く環境の変化に即した戦略転換を長年にわたって怠ってきたことだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170131-00050847-gendaibiz-bus_all
現代ビジネス 1/31(火) 7:01配信

58 :名無しさん@1周年:2017/01/31(火) 12:31:50.35 ID:49QES61+0.net

>>34
メモリ部門なら露頭に迷うどころか外資になって勝ち組

187 :名無しさん@1周年:2017/02/02(木) 00:53:31.37 ID:OidXs0Iq0.net

要するに今は銭になるものは全て売って、
最後に売るもの無くなったらバンザイするというシナリオの最中ってことだろ。
株は紙切れ、今のうちに売っておけ。

66 :名無しさん@1周年:2017/01/31(火) 13:03:16.41 ID:qmVpvY/a0.net

西田厚聰元社長以下役員の責任なの?

202 :名無しさん@1周年:2017/02/02(木) 06:10:43.82 ID:0EIraZsM0.net

職安並ぶに姿想像したらクソワロタwwwwwwwwww

195 :名無しさん@1周年:2017/02/02(木) 01:45:32.31 ID:kngkY2AW0.net

国有化して赤字を垂れ流すのか?
勘弁してくれ

218 :名無しさん@1周年:2017/02/02(木) 21:18:57.09 ID:Z5L3M+e20.net

>>182
今日のキオスクで売ってる漫画雑誌の表紙が「会長 島耕作」

87 :名無しさん@1周年:2017/01/31(火) 15:03:53.65 ID:PbgnT3OZ0.net

東芝も、三井系企業のタックスヘイブンや内部保留の金で助けてもらえるだろうしよかったな?東レ経団連会長率先して自分の会社の内部保留やタックスヘイブンの金を出してくれるだろうし まさか、国に丸投げで税金を利用とか、人柄の三井はしないだろうしな。

142 :名無しさん@1周年:2017/02/01(水) 11:13:41.92 ID:OKYomi6iO.net

初芝漫画でもこーゆーネタ書けよ

214 :名無しさん@1周年:2017/02/02(木) 20:21:54.70 ID:Z5L3M+e20.net

巨額損失東芝を「要注意」に格下げした主力行(みずほ)の計算
ttp://mainichi.jp/premier/business/articles/20170201/biz/00m/010/020000c

106 :名無しさん@1周年:2017/01/31(火) 18:55:50.96 ID:BE4pXVYd0.net

3月のサザエさん問題だな 分社化して 継続しろ

209 :名無しさん@1周年:2017/02/02(木) 19:54:00.97 ID:Z5L3M+e20.net

とうとう出てしまった東芝・第三者委員会の出来レース 2015年11月20日

 1つめは第三者委員会は5月15日に設置、その主要メンバーだった松井秀樹委員が東芝の弁護士(森・濱田・松本法律事務所)に対し、この子会社・ウェスティングハウス社の減損を含む原子力事業を調査対象に加えるか否かは
「会社(東芝)が判断するべき」であり、
第三者委員会としては会社(東芝)の意向を確認したいとしている。

 2つめはこの「調査対象に加えるか否かは会社(東芝)が判断するべき」とは丸の内総合法律事務所の意見であり、
この「東芝の意向を確認したい」とお伺いを立てた第三者委員会の松井委員はその共同代表であり、しかも丸の内総合法律事務所は第三者委員会設置の2日前の5月13日に東芝連結子会社の顧問契約を解除しているところです。

 3つめはこの松井委員の「確認したい」を受けた東芝の経営陣(当時)は5月28日に「本件(ウェスティングハウスの減損)については第三者委員会に委嘱する可能性は全くない」と確認しているところですが、その際のメールのやりとりを日経ビジネスが手に入れたようです。

 4つめはその時点で東芝に経営陣(当時)は「第三者委員会は調査範囲外については本格調査を行っていない」との記載が加えられる可能性も認識しているところで、事実7月20日に(東芝に)提出された第三者委員会の調査報告書にはその旨の記載があります。

 そして最後の5つめは、一連の処分で社外取締役中心のコンプライアンス重視体制に「生まれ変わった」はずの東芝経営陣のもとで、11月7日に発表された2015年4〜9月期連結決算発表でも、このウェスティングハウス社の減損については隠されたままだったところです。
ttp://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-1585.html

200 :名無しさん@1周年:2017/02/02(木) 04:22:24.48 ID:ncn9EGfw0.net

ワクワク

141 :名無しさん@1周年:2017/02/01(水) 11:01:08.84 ID:4njNoZ460.net

大川小学校の教師と生徒状態か

23 :名無しさん@1周年:2017/01/31(火) 11:42:20.73 ID:GKt0JRMw0.net

差別やらを無くしたかったら 
約70年前の、日本の非情な邪悪で残虐な所業を 
謝罪してから考えろよww
旧日本軍による「慰安婦強制凌辱」とか「うん千万規模の南京大量殺害」とかは
代表の平成天皇なりの公開全裸土下座謝罪無しの現状は 
同じ日本人として恥ずかしいし、中韓の被害者達に申し訳なく思うわ

やっぱ、俺達日本人は醜悪で邪悪だと思うね。
俺達日本人に比べたら、ユダヤやISISなんかは 
日本民族と比べたら邪悪でも何でもないわ

その血が俺にも混じってると思ったら 
掻きむしって邪悪な血を全部出してやりたいわ

126 :名無しさん@1周年:2017/01/31(火) 22:42:58.03 ID:nR3Twm1q0.net

今まで、2兆5千万のかかるのを、中身スッカラカンで3000億で売っとったんかい。
詐欺やんけ。

56 :名無しさん@1周年:2017/01/31(火) 12:29:01.61 ID:5RSy9LuU0.net

ヤシカカメラのように廉価品メーカーにブランドを買い取られて消滅するのかな?

4 :砂漠のマスカレード ★:2017/01/31(火) 11:30:26.96 ID:CAP_USER9.net

最高幹部が見ているもの

東芝が一連の破たんの危機のうち2度目の危機の渦中にあった2015年11月、筆者は当時の同社の最高幹部の一人に取材をする機会に恵まれた。

そこで聞かされたのは、放漫経営に伴う経営破たんの危機に何度も直面して、再建に追われてきた東芝の知られざる歴史だった。

だが、差し迫る危機により大きな関心があった筆者は、当時の原子力事業で減損処理が後手に回っており、早期の対応が不可避ではないかと問い質した。
すると、この幹部は「そんな必要はない。そんな見方は間違っている。そもそも原子力は成長産業だ」と怒りを露わにした。

30年以上にわたって企業経営を取材してきた筆者は、今そこにある危機を受け入れられない頑なさにショックを受け、「この頑迷さは会社を滅ぼしかねない」と感じざるを得なかった。

案の定、東芝は一向に姿勢を改めようとせず、WHを通じ、シカゴブリッジ・アンド・アイアン(CB&I)社から、原子力発電所の建設と統合的サービスを営む子会社CB&Iストーン・アンド・ウェブスター社(S&W社)の買収、
それまで以上に原子力事業にのめり込んでいった。

だが、1979年3月の米スリーマイル島原発事故、1986年4月の旧ソ連のチェルノブイリ原発事故に続く、
2011年3月の東京電力・福島第一原発事故は、世界の原子力事業を取り巻く環境を一変させた。
安全対策の重要性が幅広く認識されるようになり、建設コストが急騰したのだ。

それまでは日本の電力各社がかけたコストの平均値で1基当たり3000億円程度とされていた建設費は、仏原子力大手アレバの試算で1兆円、その試算を検証したEU委員会の判断で2兆2500億円前後と大きく跳ね上がった。

安全に敏感な先進国はもちろん、それほど過敏ではない新興国や途上国のほとんどで、原発は高嶺の花になってしまった。

日本とロシアに1基ずつ発注していたベトナムが原発建設を中止して、その代わりにいくつもの火力発電所の建設に向けて計画を大きく修正したり、
トルコの原発計画のフィージビリティ・スタディが遅れていることは、そうした傾向を映したものと言える。

しかも、東芝・WH、日立製作所・米ゼネラル・エレクトリック(GE)、三菱重工業・仏アレバの3グループが独占しようとしていた原発市場に、
中国勢、ロシア勢が低コストを武器に攻勢をかけていることも、日米仏の大手3グループの経営を難しくしている。

3グループは、安全への拘りが乏しく原発建設ラッシュが続く唯一の国とされる中国で、中国勢ほどの競争力を確保できず、これもそれぞれの経営を圧迫する要因となっている。

アレバの業績推移は、そうした世界の原発不況を如実に反映している。最終損益が、2011年12月期(24億2400万ユーロの赤字)以来、5期連続で赤字を記録したのに続き、
2016年6月中間期も120億ユーロの赤字となっており、最終赤字の継続記録が6期に更新されそうな勢いにあるからだ。

こうした中で、独シーメンスはいち早く原発事業から撤退、経営判断の迅速さを印象付けた企業だ。

対する日本の原子力ムラの人々は、原子力が日本勢各社にとって巨大ビジネスとなった過去、特に、地球温暖化防止に役立つクリーンエネルギーだとして
2000年代に「原子力ルネッサンス」などともて囃された過去が忘れられず、いずれ盛り返すとの期待を捨て切れずにいる。

 

78 :名無しさん@1周年:2017/01/31(火) 14:01:56.40 ID:PbgnT3OZ0.net

同じ三井系のトヨタ傘下デンソーはタックスヘイブン関連で不起訴みたいだな? 三井系のタックスヘイブン関連の金で東芝助ければ?

182 :名無しさん@1周年:2017/02/02(木) 00:46:18.28 ID:i6Lm+6v80.net

島耕作のせいで倒産w

114 :名無しさん@1周年:2017/01/31(火) 20:56:35.42 ID:wBOFNbE70.net

youtubeで原子炉動画の再生回数で稼げないのでしょうか、
それかドラえもんを作るとかしてアシモに対抗するとか。

150 :名無しさん@1周年:2017/02/01(水) 12:13:48.23 ID:Wz/CbydcO.net

>>145
採算取れなさそうだからやめるってさ

204 :名無しさん@1周年:2017/02/02(木) 12:36:04.89 ID:JEy2ZX7I0.net

株価全然下がらないな。どこかが買ってるんだろうなぁ。

229 :名無しさん@1周年:2017/02/02(木) 22:39:32.87 ID:n+Qkit220.net

>>228
原発みたいなブラックホールに入れあげていなかったからじゃね?

167 :名無しさん@1周年:2017/02/01(水) 15:40:59.29 ID:Mg1yiMyB0.net

日印原子力協定に11月に調印してるしインド人ならまだ騙せると思う by 安倍

44 :名無しさん@1周年:2017/01/31(火) 12:12:41.58 ID:4+ZIaHYb0.net

危機感煽る為、まいっちんぐハウスに社名変更ね。

193 :名無しさん@1周年:2017/02/02(木) 01:19:11.81 ID:Tkgv7yL30.net

リアルに、次はNEC

224 :名無しさん@1周年:2017/02/02(木) 21:45:20.96 ID:Z5L3M+e20.net

2003年以降、ひとりの営業担当者が10年以上にわたって架空売上高を計上し累計5億円を水増ししていた。
不正会計を明らかにした11月の中間決算発表では、平田政善専務が「内部統制が有効に機能し始めた兆候でもある」と発言していた。苦しい弁明とも捉えられたが、この発言に東証の関係者が激怒したという。
「日本を代表する老舗企業を、東証が上場廃止になどできるはずがない、という不遜さを感じた」というのだ。結果、理事の多くが特注解除に否定的な意見を述べ、延長が決まった 

上場廃止の危機はまだ去っていない

東芝は、2017年3月15日以降に、再度「内部監理体制確認書」を提出する。株は「監理銘柄」にも指定される。上場廃止になる可能性があるためだ。  
6月頃までに自主規制法人理事会が再度、特注指定を解除するかどうかを判断する。その時期までに東芝の社内体制が「改善した」と認められなければ、上場廃止となる。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50603

東芝に激震が走った「社内アンケート」驚きの結果
幹部と社員にこんな格差があったとは…

磯山 友幸

「昨年度に比べて会社の組織風土は改善してきたか」という問いに対して、そう思うと回答した人の割合はマネジメント層で67%だったのに対し、管理職層で51%、非管理職の役職者で38%、一般社員で30%にとどまったというのだ。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50603

221 :第三者委員会外:2017/02/02(木) 21:34:01.47 ID:4U0OARkP0.net

東芝テックや東芝機械なんかも第三者委員会の調査を受けず自主調査だったんじゃなかったか?

244 :名無しさん@1周年:2017/02/03(金) 17:53:21.99 ID:MYUdTshE0.net

サザエさん放映停止まで一ヶ月とは胸熱

6 :砂漠のマスカレード ★:2017/01/31(火) 11:31:27.53 ID:CAP_USER9.net

筆者の取材に対して、「たった一度の福島第一原発事故で、縮小や撤退を決断できるほど、原子力ビジネスは小さくない」と感情的な釈明を試みる向きは驚くほど多い。
問題は事故の回数ではなく、その事故の起こす経営への影響の大きさのはずなのに、そのことを率直に受け入れる冷静さを欠いてしまっているのだ。

残念ながら、2015年11月に筆者が取材した東芝の最高幹部の一人も、歴代経営陣も、そうした人々だった。

とはいえ、世界各地で高まった反原発運動や、高騰した建設コスト、それらが招く原発不況を勘案すれば、東芝のWHを通じたS&W社の買収は明らかに世界のトレンドに逆行する経営判断だった。

そのS&W社が昨年暮れになって、東芝を経営破たんの危機に追い込むことになった。

当初は時価を8700万ドル程度上回る価格で買収したため、100億円程度ののれん代を計上する方針だったというが、
一部メディアが12月27日付で5000億ドル規模の損失を抱えていると報道。東芝はすかさず、「当社が公表したものではない」と否定のコメントを発した。

ところが、あろうことか、同社はその日のうちに、問題ののれん代が「数十億ドル規模(数千億円規模)」に膨らみ、
「当社業績への影響を及ぼす可能性が明らかになった」と経営危機を認めるコメントを公表する事態になったのだ。

さらに、今年に入って、「7000億円程度の損失が発生するとの見通しを取引先金融機関に伝えた」と報じられ、事態は歴史的な大型破たん劇の様相を呈したのである。

この広報対応の混乱ぶりを見れば、問題が投資家に対する迅速なディスクロージャー(情報開示)の軽視にとどまらず、経営陣の状況認識や、組織的なガバナンスがいまだに確立されていないことは明らかだ。

さらに、この巨額の損失は、単なるM&A(企業の合併・買収)の失敗としては大き過ぎる。

東芝は先週末の記者会見で、ようやく原子力部門を戦略部門扱いすることをやめて、国内では原子力規制委員会の新基準に適合した原発の再稼働を巡る対応や福島第一原発の廃炉ビジネスに専念する一方、
海外でも原発の建設ビジネスから撤退して燃料の供給などの事業に絞り込む検討を始めたと説明した。

が、決断はあまりにも遅過ぎるし、まだ検討を始めたばかりでいつ実現できるかわからないという趣旨の記者会見での説明も相変わらずお粗末だ。

残された時間は約1ヵ月

話を今期の巨額の減損損失に戻そう。

これは東芝が2017年3月期末に「債務超過」という種類の破たんに陥りかねない危機を意味している。
債務超過とは、企業の負債総額が資産総額を超える状態、つまり、資産をすべて売却しても負債を返済しきれない状態である。

こうなれば、企業は、銀行から新規融資を受けることも、一般の企業と商取引を行うための信用を維持することも困難で、破たん処理に向かうのが一般的である。

ちなみに、東芝の株主資本は2016年3月期末に3300億円弱しか残っていない。

 

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

関連記事

  1. 【裁判】神戸少年鑑別所で後輩の下腹部を触って暴行し、PTSDを発…

  2. ダイビングとシュノーケリングのツアーの引率を終えて1人でシュノー…

  3. 【世論調査】内閣支持率57%(-4) 自民32% 民進7.5% …

  4. 立憲・山尾志桜里  不倫相手の倉持・元妻「彼女は夫婦の寝室にまで…

  5. ジョギング中の女性に後ろから近づき、「コロスゾ」 夜の田んぼに…

  6. 【社会】旧優生保護法の「強制不妊」九州1755人 救済へ実態解明…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る