閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【△】100万人超の観光客が訪れる阿波おどりで宿不足解消に市内中心部に…
  2. 【たま】韓国軍 単独の指揮所演習も延期=来週実施予定
  3. 40〜50歳ぐらいに見えたコンビニ強盗女、捕らえてみれば28・神栖
  4. 【人材育成】平成最後”の新入社員「お互いの個性の尊重を重視」する傾向と…
  5. ◆◆◆ねこ😺のやさしいスレッド作成依頼処★28◆◆
  6. 深夜1時半に17歳男子と18歳女子が乗ったバイクがひき逃げされる。会社…
  7. 【出版】全国に本届く流通の仕組み、存続の危機 背景に雑誌不況
  8. 肺がん患者の参考人に「いい加減にしろ!」とヤジを飛ばしたジョイフル元社…
  9. 【ターゲットは40代男性】キリンビール、缶ハイボールに再参入「ホワイト…
  10. 【くず】スカートめくりをして全国指名手配の男を逮捕 東京と長崎で2人の…
閉じる

まとめ君

【教育】「聖徳太子」「鎖国」復活へ 指導要領改訂案を修正 ★5

かんぱに☆ガールズ オンラインゲーム

1 :鄙び湯治宿 ★:2017/03/20(月) 21:33:27.39 ID:CAP_USER9.net
文部科学省が学習指導要領の改訂案で「聖徳太子」「鎖国」など、歴史上の人物や出来事などの表記を変えたことに対し、「教えづらい」「わかりにくい」などの批判が集まり、同省が一転、元に戻したり、復活させたりすることがわかった。こうした修正を反映した新指導要領は今月末に告示される。

 文科省は15日まで、改訂案についてパブリックコメントで意見を募ったが、特に不評だったのが聖徳太子の表記。改訂案では、小学校で「聖徳太子(厩戸王(うまやどのおう))」、中学校は「厩戸王(聖徳太子)」としていた。学会などの歴史研究を踏まえたもので、小学校ではよく知られた「聖徳太子」を、中学校では史実を重視して「厩戸王」を前に出した。ところが、「小中で表記が異なると教えづらい」といった声が相次ぎ、国会でも「連続性がなければいけない」「歴史に対する冒瀆(ぼうとく)だ」と批判された。

 このため、文科省は小中とも「聖徳太子」に戻し、中学の指導要領では「古事記や日本書紀で『厩戸皇子』などと表記され、後に『聖徳太子』と称されるようになったことに触れる」と加えることにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000013-asahi-soci

※前スレ
【教育】「聖徳太子」「鎖国」復活へ 指導要領改訂案を修正 ★4
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489999846/

30 :名無しさん@1周年:2017/03/20(月) 21:59:24.64 ID:jFtD4guD0.net

従軍慰安婦、強制連行

無視キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

455 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 00:40:04.49 ID:gd+919Ox0.net

卑弥呼は神功皇后ではない

395 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 00:23:20.53 ID:HIm4s0+a0.net

>>25
士農工商はあったけど身分制度ではなく、ただの言い回しだったというのが定説だからね
復活させるならその辺説明するべきだけどわざわざそれを歴史で教える必要あるのかって話で

510 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 00:59:26.73 ID:EpoZFar20.net

>>503
卑弥呼は倭迹々日百襲姫命じゃないの?
纒向古墳のやつ

362 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 00:12:53.14 ID:p0z7Z5xd0.net

894年以降少し鎖国してたことにはならんの?(´・ω・`)

45 :名無しさん@1周年:2017/03/20(月) 22:17:22.69 ID:pn+8nH2c0.net

鎌倉が実質的に日本の実権を握ったのは承久の乱以降だと思うね
それまでは地方勢力として着々と朝廷の実権を削ってた

361 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 00:12:33.07 ID:V9FMKOok0.net

>>344
いま学者の間ではそう言った用語の見直しが始まっててだな…
当時幕府なんて言ってないし統治体制も違うし征夷大将軍も幕府を開く条件じゃないだろって事で別の呼び方しようって動きもある

250 :名無しさん@1周年:2017/03/20(月) 23:31:43.55 ID:Ti3Hmv5E0.net

てか、当時の日本の政治当局は、
元寇以前に日本へやってきた元の使者の言うところの
「まあ分かってると思うが、元という大国にさっさと屈して属国にでもなったら?」という提案を跳ね除けて、
その元の使者を、ぶった斬ってたはず。
そんなことやってしまったら、元としても日本を陥としてやろうと元寇を企画しておかしくない罠。

とんでもないな。
「ああ?そういうの無理だから。もうぶった斬って埋めちゃうか。それでいいだろう」
という日本側の判断であった。
頼もしくもあるが、欧米に対してブチ切れて、「いいよ。かかって来いよ」とやってしまった
第二次世界大戦及び太平洋戦争は、そういった気質が日本人に基からあったからではないのか。
そんな日本を好きでもあるし、また怖いなと思って嫌いでもあるのだが。

573 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:34:47.83 ID:ccf9zdVH0.net

すめらみことが正しい

572 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:34:42.61 ID:jC3FqASj0.net

 
後漢書』孝安帝紀東夷伝に初めて出てくる日本列島にいた倭国王
倭国王(帥升スサ)、卑弥呼(天照)の弟王(スサノオ)

464 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 00:42:42.96 ID:gd+919Ox0.net

トンデモ考古学者のいうことを信用してる奴がいるのか

259 :名無しさん@1周年:2017/03/20(月) 23:35:40.93 ID:n4cZebApO.net

>>248
家来から報告聞いて卑弥呼が最終判断してたんだろ

111 :名無しさん@1周年:2017/03/20(月) 22:41:59.78 ID:VSXOmYFO0.net

【3月16日配信】すばやく学ぼう!歴史人物伝「聖徳太子」 おかべたかし 倉山満【チャンネルくらら】
https://youtu.be/zUaACXN68Uo

369 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 00:15:12.91 ID:OW3BZAuD0.net

中国の歴史書である『隋書』にははっきり書いてある。
聖徳太子はタイ国の王であり
名前はアマタリシヒコであると。

開皇20年、俀王(タイオオ)あり、姓は阿毎(アマ)、字は多利思北孤(タリシヒコ)、阿輩雞弥(オオキミ)と号す。
(略)
王の妻は雞弥(キミ)と号す。後宮に女六七百人あり。太子を名づけて利歌弥多弗利(ワカミタフリ)となす。
(略)
大業三年,其の王多利思北孤,使いを遣わして朝貢す。使者曰く『海西の菩薩天子重ねて仏法を興すと聞く。故に遣わして朝拝せしめ,兼ねて沙門数十人来りて仏法を学ぶ』と。

356 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 00:11:08.17 ID:X97N4Chb0.net

>>314
それは井沢元彦の説だろ
かなりのトンデモ
朝廷に付くにしては江戸に近すぎるだろ
石高小さいし
幕府が兵を派遣したらすぐ潰されちゃう
水戸が勤王になるのは光圀からだし

487 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 00:50:23.45 ID:GOcwdM4P0.net

>>465

「空海」は一級資料にあるが、「厩戸王」は一級資料にあるのか
無ければ、「空海と同じ」などとは言えない

129 :名無しさん@1周年:2017/03/20(月) 22:50:28.44 ID:ebp+f9+a0.net

>>120
まじめに作ってもボロ舟だと思うな。
とても遠洋航海なんてできないような。
水車も作れなかった国らしいからな。

52 :名無しさん@1周年:2017/03/20(月) 22:23:31.03 ID:pn+8nH2c0.net

藤原が聖徳太子を創作する動機がわからない

565 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 01:31:17.95 ID:2Yi+z8xJ0.net

いろんな本を読むと、なんでこうなるのかわかるとおもう。

だいたい芸人が受けたい授業で教える側になっているあたりおかしいって父兄は言わないと、
工作員にすきかってに歴史とかかえられる。

355 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 00:10:56.62 ID:5BPmzalP0.net

実は家康存命中にも水戸徳川家は存在してるんだよな…
家康死後に転封で慶喜に通じる水戸家が誕生しただけで
家康存命中から水戸になんやかんやで大名帰ってない
なんか仕込んでる可能性は無くはないが

73 :名無しさん@1周年:2017/03/20(月) 22:33:38.01 ID:aGvGhuLY0.net

>>57
日本にきたのは元にのっとられた朝鮮系が主体。(だから弱かった)
元は別に日本はどうでもいいと思ってた。もしくは親日。

88 :名無しさん@1周年:2017/03/20(月) 22:38:02.27 ID:zqvAM7T60.net

>>15
あと見栄っ張り

408 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 00:28:05.63 ID:9zsOHSFK0.net

縄文時代にも日本列島には人がワラワラ居たし
その前の時代にも人がワラワラ居た
少なくとも紀元前12万年前からの遺跡が発掘され
紀元前3万年前の磨製石器は世界最古の磨製石器というだけでなく
人が加工したもの全ての中で世界最古
そして縄文土器は土器として世界最古
まあ、そういう長い文化的堆積の後に、こういう形になってるわけで
勝手に現代人が歴史を書き換えられると思うなよってね

434 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 00:34:25.81 ID:V9FMKOok0.net

>>423
その頃がキッカケで西国への影響力が始まってるからそれまでは関東周辺のみ
権門体制って知らない?

409 :名無しさん@1周年:2017/03/21(火) 00:28:27.57 ID:gd+919Ox0.net

神武東征は天神東征や

120 :名無しさん@1周年:2017/03/20(月) 22:45:38.43 ID:Ch88FIct0.net

>>103
突貫でやったから手抜き造船だったのは事実らしい。
あと、金だな。
造船の金は高麗の持ち出しだから。

188 :名無しさん@1周年:2017/03/20(月) 23:13:32.19 ID:pn+8nH2c0.net

>>181
あ、いやいや博多まで沈没せずに到着したという意味で

315 :名無しさん@1周年:2017/03/20(月) 23:54:25.71 ID:pj1x/mmo0.net

百済の熊津城=熊岳城
白江の口=熊岳城の南西、白沙湾
「百済辰朝人」であるところの「扶余隆」は百済五方「北方」の城「熊津城」で暮らしていた
熊岳城の南西に「白沙湾」という地名がグーグルマップでも発見できる
これはいったいどういうことだ!
熊津道行軍總管、右威衞將軍孫仁師等破百濟餘衆及倭兵於白江,拔其周留城
韓国西部の公州に行くには高句麗の中を通らなければいけない
つまり熊津道は高句麗の手前側(唐に近い側)にあったはずだ
詔發淄、青、萊、海之兵七千人=山東省の北側から出撃した
人怪其故,答曰:擬削平遼海,頒示國家正朔
劉仁軌自ら「遼海」と明示しており、どうみても渤海湾(遼東湾)のことだ
公州の西の海を遼海と呼ぶのならインド洋も遼海だ
なお言うまでもないが、劉仁軌の役職は檢校「帶方州」刺史だった
扶餘隆率水軍及糧船。自熊津江往白江、會陸軍同趣周留城。仁軌遇倭兵於白江之口
熊津江(熊岳河)と白江(浮渡河)とは開口部が違う川である
熊津江を出て白江に向かったところ白江の口で倭兵と遭遇したのだ
通説の錦江説は合っていますか?白江の上流に熊津江があるのではありません
百済平定物語は渤海の東側にある遼東半島のお話しであり、公州を攻撃したのではなかった
(蘇)定方自城山濟海、至熊津江口=蘇定方が平定した百済もまた遼東半島である
通説が正しいならばこの箇所は「至白江口」となる。白江=錦江説、アウト
大連の北側にある白沙湾を日本列島から攻撃するのは西暦660年では不可能なはずだ
かの有名な白村江の戦いに作文疑惑が浮上した!
日本書紀には資治通鑑や三国史記を見ながら作文した箇所がちらほらある
特に天智紀は作文だらけ、白村江のくだりは全部作文
白村江への旅程については何も書かず、いきなりワープしているではないか!
宇宙船艦ヤマトのようにワープしている時点で作文確定!
http://i.imgur.com/5buzTh0.jpg
http://i.imgur.com/9eYBu4V.jpg

119 :名無しさん@1周年:2017/03/20(月) 22:45:04.82 ID:xIkF1xyU0.net

>>115
そんなの関係ない
おかしいものはおかしいw

193 :名無しさん@1周年:2017/03/20(月) 23:15:14.01 ID:3pfdJN7q0.net

>>183
今は国民主権だから天皇と民衆は同一のものとみなしていいいね

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

関連記事

  1. 【この、ハゲーーーっ!】自民党 豊田真由子衆議院議員が離党届を提…

  2. 【犬のスーツ】災害救助犬の「やる気」を遠隔操作で把握 サイバース…

  3. 【社会】仮設住宅の制度、自治体から見直し求める声相次ぐ

  4. 【社会】アニメ映画“この世界の片隅に”の最終完成前バージョンを上…

  5. 【社会】福島の仏像・地蔵破壊 チョン被告の逮捕に 現地住民「日本…

  6. 【航空】米、パソコン機内持ち込み禁止を欧州諸国にも適用の公算=当…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る